ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
クリックノイズの除去
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方
このエフェクトは音のプチッ!プチッ!というクリックノイズ(ポップノイズ)を自動でほぼ全て消してくれま す。ただ、一発で、と言うよりいろいろ設定値を変更しながら、音を壊さないようにやる必要があります。 同じようなエフェクトで手動でノイズを消す修復があります。クリックノイズの箇所が少ない場合は修復 のほうが良いかもしれません。クリックノイズ部分が明確に音声と分かれている場合はHard Limiter 使う手もあります。

浜辺の音 クリックノイズがたくさんあります。これに

音に合わせた適切な数値を入れてエフェクトをかけると、
ほとんどのクリックノイズが除去されます。

以下、設定項目の説明

閾値の選択
閾値(いきち・しきいち・threshold)とは「刺激によって反応が起こる時、刺激がその値以上に強くなけれ ば、反応は起こらない。その限界値のこと」だそうです。要するにこの値によって、波形の尖った部分が クリックノイズか否か判定されます。低くすると感度が高くなると書いてますが、高すぎるとクリックノイズ でない部分もそうと判定されて音が壊れます。逆に感度が低すぎると全く音声に変化がありません。

閾値10 スパイク幅40 の場合  (音になってません)

最大のスパイク幅
これはノイズ部分が減る量です。閾値120 スパイク幅5 の場合 


減っていると言えば減っているのですが、減り幅が少ないのが分かります。ただ、これも減らしすぎると 元音が壊れる可能性があります。波形を見るだけでなく、耳で聴きながら最適な値を探り当てて下さ い。

ちなみにこの「クリックノイズの除去」は古いカセットテープ音源などのザーというノイズは消してくれませ ん。突発的なプチッ!というノイズだけを消すエフェクトです。“ザー”はノイズの除去で消して下さい。
ノイズの種類について
使うエフェクト
ノイズの除去
High(Low) Pass Filter
イコライゼーション
クリックノイズの除去
修復
Hard Limiter
Notch Filter
正規化
Clip Fix 音割れ修復
追加説明
ノイズ置き場
録音環境について

Taira Komori All Rights Reserved. since 2009