ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
リバーブ(旧Gverb)
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方




リバーブ(Reverb)は音を建物や洞窟の中に居るみたいに響
かせるエフェクトです。以前はGverbというエフェクト名だった
んですが、設定と名前が変更され、より便利になりました。

一番便利な点は、一度設定した値をユーザー設定で保存でき
ること。読み込めば、またその値がすぐに使えます。項目が9
つもあるのでこの機能はありがたいです。
『プリセット』を読み込む場合。

初めはいろんなプリセットを読み込んでみて、音がどう変わるが試して みるといいと思います。

読み込んだら『プレビュー』でエフェクトを掛けた場合の試聴ができま す。

ブライト:高音を響かせ、低音を抑える
ダーク:低音を響かせ、高音を抑える

ちなみに『ドライ・プレビュー』を押すと、エフェクトが掛かっていない、元 の音が再生されます。比較する際に使ってください。
『ユーザー設定』

まず、リバーブのそれぞれの値を合わせたら、『保存』を押します。する とSetting0〜Setting9まで保存場所が選べるので、好きな所を選んでく ださい。

後から『リネーム』で名前を付ければ、見失わずに済みます。(リネーム は保存の前にもできます)

各項目の設定
サンプル音(時計の針)

ルームサイズ (%)
 部屋・空間の広さです。値が小さければ狭い空 間(部屋)での反響、高ければ広い空間(ホール)での反響になります。
0
50
100
プリディレイ (ms)
 反響が始まる時間のこと。0の場合は元音と同時に反響し、値が上がれば少し遅れて反響します。ms とはミリセコンド、つま り1/1000秒のことです。設定値の最大は200msなので、最大で0.2秒遅れになります。
0
15
50
200
ガムの名前
0
50
100
200
ルームサイズとプリディレイ
空間を広げるにはルームサイズの値を上げれば良いのですが、プリディレイで反響を少し遅らせることによって、『壁』の音の反 射を表現することが出来ます。


残響 (%)
 反響する際の音の長さの割合です。値が高くなれば、音の響きの長さが長くなります。
0
50
100
ダンピング (dB):
 ダンピングとは、ここでは減衰とか抵抗とかいう意味です。ダンピングが0だと減衰が0なのでそのまま長く反響します。逆に値 が多いと抵抗が増えるので、反響が尻すぼみになります。自分の望む音にあわせて値を決めて下さい。
0
50
100
残響とダンピングの違い
残響の値を減らすと、反響する音の長さそのものが短くなります。ダンピングは音を短くするのではなく、フェードアウトするような 感じです。


トーンLow (%)
 低音部分の響きの割合。100%でそのまま響かせる。値が下がるにつれて低音が抑えられます。
100
0
トーンHigh (%)
 高音部分の響きの割合。100%でそのまま響かせる。値が下がるにつれて高音が抑えられます。
100
0


ウェットゲイン (dB)
 このエフェクトで付け加えた反響音そのものの音の大きさ。ウェット(=濡れている)は、音楽系のソフトの専門用語で『エフェク トが効いている』という意味に使われます。
-20
-10
0
10
ドライゲイン (dB)
 上の逆でドライ(=乾いている)。エフェクトが効いていない。ここでは元音の大きさを指します。なのでドライゲインの値が低い と、反響音のほうが大きく響いて聴こえます。
-20
-10
0
10
下に『ウェットのみ』というチェックボックスがあります。これにチェックをいれると、元音が完全に消され、反響音のみになります。


ステレオ幅 (%)
 この設定値は元音がステレオ音の時にのみ作用します。0の時は右と左の音がそれぞれ独立して反響します。値が上がると 左右が組み合わさる、何というか音に奥行きができます。ジョイントステレオみたいな感じです。サンプル音を聴いて判断してく ださい。
センターボーカルが入っているような音(楽曲)に反響を付ける場合は、この値は高いほうが良いと思います。
0
50
100

説明は以上です。最後に一つだけ。元音の最後の無音部分はある程度長めにしておいて下さい。でないと残響がブツリと切 れてしまいます。
参考:無音部分の作り方
 変換後→ 



Taira Komori All Rights Reserved. 2017 (旧:小森平の使い方)