ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
Hard Limiter
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方

これは指定したdB以上の部分をバッサリ切ってしまうエフェクトです。バッサリ切るというのは、
体育大会場
こんな感じ
使い方によって、プチッ!というクリックノイズの除去ができます。またHard Limiterを掛けた後に増幅 使えば音圧を上げられます。音の強い部分を減らして全体を均一化するという点では、究極のコンプレ ッサーとも言えます。Audacity 2.1.0で変更あり。リアルタイムプレビューが可能になりました。再生しな がら、スライダーを動かして数値を変えられます!

Hard Limiterを掛ける場合は波形の表示をdBに変更すると分かりやすいです。
まず波形の左側に表示されている、ファイル名の所の▼をク リックして「波形(dB)」を選択して下さい。波形表示の単位が dBになります。そしたらウィンドウを下にドラッグして波形を縦 に拡大して下さい。

左側がdB単位表示になるので、削れ具合がよくわかります。

実際のエフェクトのかけ方

ノイズの種類について
使うエフェクト
ノイズの除去
High(Low) Pass Filter
イコライゼーション
クリックノイズの除去
修復
Hard Limiter
Notch Filter
正規化
Clip Fix 音割れ修復
追加説明
ノイズ置き場
録音環境について

Hard Limiterはリアルタイムプレビューが可能です。まずエフェクトを掛ける部分を選択します。次に『再生開始』ボタンで音声を 再生。そして音を聴きながらスライダを自由に動かし調整します。良い感じになったら『適用』して下さい。

dB limit:
これはdBの制限という意味です。例えば-12だったら−12dB以上の音が一様にカットされます。

Wet level:
これは適用後の全体の音圧を下げる設定です。dB limitで余計な部分を削っても、まだ全体的に音が大きな場合に使ってくださ い。必要なければ1.0のままでいいです。

Residue level:
residueは「残り・残り物・余り」という意味です。ここではdB limitでバッサリ切った波形の部分を和らげる働きをします。コンプレッ サーとして使う場合は、この項目が特に必要だと思います。でないと音割れするので。
元音

(表示は波形に戻してます)

dB limit:-12dB
Wet level:1.0
Residue level:0.5

dB limit:-12dB
Wet level:1.0
Residue level:0

おまけネタ
Wet levelを0、Residue levelを1.0にすると、dB limitで削った部分だけを聴くことが出来ます。

Taira Komori All Rights Reserved. 2017 (旧:小森平の使い方)