ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
Tremolo
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方

Tremoloは音を震わすエフェクトで す。

ホワンホワンとゆっくり震わすこと も、プルプルプルと素早く震わすこと も出来ます。


放送終了音
変化する波形を分かりやすくするため、単調な音をサンプルにしてます。

Waveform type:
waveformというのは波形のことです。ここではその形(音を震わす種類)を
選択できます。5種類あります。
sine(サイン波) 
tringle(三角波) 

sawtooth(ノコギリ波) 
inverse sawtooth(逆・ノコギリ波) 

square(矩形波) 

Starting Phase (degrees):
波形の始まりの位置を指定する数値です。
sine(サイン波)の場合、0の時
は一番波形が低い所から
180だと一番高い所から音が
始まります。

Wet level (percent):
エフェクトの影響度を決めます。
Wet level = 10 
Wet level = 50 
Wet level = 100 
wet (湿ってる=影響している)⇔ dry (乾いている=影響していない・エフェクトが掛かってない)
このエフェクトに限らず、“wet”と“dry”という単語は音楽ソフトでよく使われてます。

Frequency (Hz):
振動の幅を決めます。声なんかをブルブル震わすと面白い効果が期待できそうです。
Frequency = 2.0 
Frequency = 5.0 
Frequency = 10.0 

Taira Komori All Rights Reserved. 2017 (旧:小森平の使い方)