ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
ミキサーツールバー
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

Mixer Toolbar

ミキサーツールバーには、オーディオデバイスの音量調整や入力元の選択といった三つのコントロール
がある。 左端のスライダーは再生音量を、真ん中は録音音量を調節する。そして右端は“マイク”、“ラ
イン入力”、“CDプレイヤー”といった 入力元を選択できる。適切な音量レベルにするには 録音レベル
メーターを見ればよい。

これらのスライダーで音量を変化させても、(録音された後の)プロジェクト内の音声データそのものには
影響を及ぼさない。言い換えれば、 出力したりプロジェクトをセーブしたりするときの出力ボリュームレ
ベルは気にしなくて良い。結果は同じだ。 (訳注:音量は波形の大きさで決まるので。)