ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
編集
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

アンドゥ - プロジェクトを実行した時の最後の操作を取り消す。(取り消して一 つ前の状態に戻す。) Audacityは無制限のアンドゥが可能だ。−つまり始め にウィンドウを開いたところまでの、全ての編集操作を元に戻すことができる。

リドゥ - アンドゥされた操作をもう一度そのまま行なう。(アンドゥした後に)新 しい編集操作を行なうと、 それ以前にアンドゥした操作をリドゥすることは二度 とできなくなる。

カット選択された音声データを切り離して、クリップボードに置く。 一度に一回 (の切り取り)のみクリップボードに置くことができる。 しかしその選択には複 数トラック(の選択)も含まれる。 (訳注:複数トラックの部分的な選択は、上の トラックに縦線のカーソルがある状態で、Shiftキーを押しながら下のトラックを 選択する。上下は逆でも 可。)

コピー - 選択された音声データをクリップボードにコピーする。プロジェクトからそれを切り取りはしない。

ペースト - プロジェクトの中の選択部分かカーソルがある所に、クリップボードに置かれているものを挿入する。 たとえほんの少 しでも選択されている音声データがあれば、(その部分と)置き換えられる。

トリム - 選択部分の右側と左側を切り離す。(選択された部分だけ残る。)

削除 - 現在選択されている音声データ部分を切り離す。クリップボードにコピーはしない。

無音 - 現在選択されている音声データ部分を消す。その部分は切り離されるのではなく無音に置き換えられる。

分割 - 選択されている範囲を、その範囲だけが載る新しいトラックに移動させる。 元トラックの影響された(移動した)部分は無 音として置き換えられる。下図参照:

Split function illustration

複製 - 1つまたは複数トラックの、部分もしくは全てを新しいトラックに複製する。下図参照:

Duplicate function illustration

選択... > 全て - プロジェクト内の全てのトラックの音声を選択する。

選択... > 先頭からカーソルまで - 選択されたトラックの先頭からカーソルまでを選択する。

選択... > カーソルから最後まで - 選択されたトラックのカーソルから最後までを選択する。

ゼロとの交差部分を見つける - 選択範囲の右と左の両端が、(波形の波の)右上がりの傾斜とゼロ水平線との交差点になるよ うにするため、 ほんの少し選択(の両端)を修正する。こうすることで音声上のクリックノイズを生じさせないコピー&ペーストが容 易になる。 (訳注:音と音を繋げる時に、波形の波同士が綺麗な傾斜として繋がってないと“プツッ”というノイズが発生する。 それ をできるだけ防ぐためコピー&ペーストの段階で、傾斜の向きと音の大きさの位置=0を同じにする、という機能。)

選択範囲を保存 - 選択範囲(またはカーソル位置)を記憶する。後で復元することができる。

選択範囲を復帰 - カーソルの位置を、一番最後に「選択範囲を保存」で記憶させた位置に復元する。

カーソルの移動... > トラックの最初 - カーソルをトラックの最初に移動する。

カーソルの移動... > トラックの最後 - カーソルをトラックの最後に移動する。

カーソルの移動... > 選択の最初 - カーソルを選択の最初に移動する。

カーソルの移動... > 選択の最後 - カーソルを選択の最後に移動する。

スナップ先... > スナップモードを有効 - スナップモードを有効にする。 スナップモードを有効にすると、選択範囲は目盛り上の 一番近い合間、初期状態では秒に強制的に固定される。 つまり4.2秒から9.8秒までをクリック&ドラッグした場合、正確に4秒から 10秒までが選択範囲となる。 「ビュー」→「選択フォーマットを設定」で固定される単位を変えることができる。

スナップ先... > スナップモードを無効 - スナップモードを無効にして任意の範囲を選択できるようにする。

設定... - Audacityの設定ダイアログを開く。