ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
ビュー
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

拡大 - 音声の水平軸(横軸)を拡大し、短い時間をより詳細に表示する。 ズ ームツールを使ってウィンドウの特定の部分を拡大することもできる。

元の縮尺に戻す - 1インチ/秒で表示される、元の縮尺に戻す。

縮小 - 縮小する。長い時間を大雑把に表示する。

ウィンドウに合わせる - プロジェクト全体がウィンドウにぴったり合うようにす

垂直方向に合わせる - 全てのトラックがウィンドウ内に入るよう、それらの 大きさを垂直方向に調節する(できる限り)。 (訳注:表示されるトラックの最 大数は、画面の解析度に左右される。)
選択範囲を拡大 - 選択範囲がウィンドウに合うよう、拡大・縮小する。

選択フォーマットを設定 - ウィンドウの下側に表示されている、 現在の選択範囲を指しているフォーマット(時間の単位)が選択 できる。 選択オプションにはフィルム・ビデオ・オーディオCDのフレームや秒+サンプル・時間のみ、がある。 もしスナップモードを 編集メニューで有効にしていれば、 選択範囲はこのメニューで選んだフレームもしくは他の単位量でスナップ(固定)される。

遍歴... - 「アンドゥの履歴」ウィンドウを表示させる。 このウィンドウには、(一番初めの)音声の取り込みから今まで行なってきた 全ての実行処理が記載されている。 右の縦欄は処理に使われたディスクスぺース量が表示される。 ウィンドウ内の左では事項 をクリックするだけで、極めて簡単に今までの編集手順を行ったり戻ったりできる。 つまり連続的に幾度ものアンドゥもしくはリドゥ を選択できるのだ。 また、アンドゥを廃棄してディスクスペース(の無駄)を省くことも可能だ。 この履歴ウィンドウは作業中ずっと 開いたままにしておける。

コントロールツールバーを分離 - コントロールツールバーを今の 場所から動かして、 独立したウィンドウにする。そうすることで 好きな場所に置くことができる。 その後このメニューは、コントロールツールバーを格納に変化し、それでツールバーを元のメイ ンウィンドウに戻すことができる。

編集ツールバーを分離 - 編集ツールバーを今の場所から動かして、 独立したウィンドウにする。そうすることで好きな場所に置 くことができる。 その後このメニューは、編集ツールバーを格納に変化し、それでツールバーを元のメインウィンドウに戻すこと ができる。

ミキサーツールバーを分離 - 上と同様に、ミキサーツールバーを今の 場所から動かして、 独立したウィンドウにする。

メータツールバーを分離 - メータツールバー(の説明)と同じ。 このバーは録音レベルの設定や再生の調整に使う。