ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
製作
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

製作メニューから項目を選ぶ場合、プロジェクトにトラックがなかったら新しいトラックが作られる。 そうで なくトラックがあるなら、それが使われる。
もしトラックが選択されていて、カーソルがそのトラック上のどこかにあるなら、 (この機能で作られる)音 声はそのカーソルの箇所に挿入される。初期設定の時間は30秒である。
作られた音声はどの選択範囲とも置き換えられる。 そうでない場合は、トラックの後ろの部分を移動させ てトラックに挿入される。
Silence(無音) - 無音部分を挿入する

トーン... - サイン波・2乗波・のこぎり波の波を作ることができる。

ホワイトノイズ - 単なる静電気ように聴こえる、任意の音声サンプルを挿入する。

上記の三つの組み込みプログラムの後に追加できるものは、VSTプラグイン・LADSPAプラグイン・ Nyquistプラグインしかない。 (訳注:参照) 不十分に記述されたプラグインにより、Audacityが突然停止 する可能性がある。そのためプラグインを使う前には、常にプロジェクトを保存するよう に。 入力音声と 認識されない効果(プラグイン)は全て、自動的に「製作」メニューに置かれることを覚えておくこと。