ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
解析
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

スペクトラム表示 - この特色のある設定を使うには、最初に一つのトラックから音声領域を選択し
て、 次に「スペクトラム表示」を選ぶ。すると高速フーリエ変換を用いて計算された、その選択範囲の音
声のパワースペクトラム (強度の周波数分布)が別ウィンドウにて表示される。 そのグラフはどのくらい
のエネルギーが(低音から高音までの)それぞれの周波数に存在するか、を表している。 グラフ上にマ
ウスを乗せて動かすと、(そのカーソルから)もっとも近い周波数のピークの値を見ることができる。 こ
のウィンドウはまた、高速フーリエ変換を用いて計算された、自己相関関数の三種類を含む、他の一般
的な関数も 表示することが出来る。強調された自己相関関数では音程をうまく確認することが出来る。


「解析」は様々な効果や効果のプラグインのためにあるものだが、それは音声を変形するというより、 
単にいくつかの描写的な情報を持った設定項目を開くだけである。 Audacityはまた、ラベルトラック
で注釈を作るための解析コマンドもサポートしている。 (訳注:音の拍子を探す Beat Finder と、無音部
分を探す Silence Finder のこと。これらを使うとラベルトラックに注が付く。)



ヘルプ

Audacity について - Ver.ナンバーと製作者を表示する。 もしあなたが自分でAudacityをコンパイル
(編纂)したことがあるなら、追加モジュールがちゃんとコンパイルされているかどうか、 ここで確かめる
ように。

内容 - 検索可能な形式で、このリファレンスガイドを開く(訳注:この場合、英語のみ)