ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
タイム
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス

タイムトラックは The Time Track is a new feature that lets you change the rate of playback over time.  Start by choosing New Time Track from the プロジェクトファイル. Then change the range of time  warping by clicking on the Track Pop-Down Menu and choosing Set Range (an option which only  appears for Time Tracks). Older computers may be incapable of playing audio in real-time that makes  use of a Time Track, however you can always Export the file as a WAV and then playback the WAV  file later.

To edit the time warping, choose the envelope tool from the Control Toolbar - the same tool you use  to edit amplitude envelopes in Audio Tracks. Click to create and edit control points. Drag points off- screen to delete them.
The Time Track has a ruler. As you edit the warping, the ruler will warp to show you at what time  playback will reach each place in the audio.


MIDI (不完全)

Audacityは今のところ、MIDIファイルをプロジェクトファイルメニューの『MIDIの取り込み』を用いて表示さ せることができる。
だがAudacityではMIDIの再生・録音・編集をすることができない。プロジェクトファイルにMIDIトラックを保 存することさえできない。
とりあえずとしての役割は、MIDIデータと音声データを繋ぐアルゴリズム(演算方式)の学習をしていた り、 MIDIデータの視覚的な描写やそれが音声データ上でどう並んでいるかを見ることを望む、少数の 人々のためだけにある。