その他のコツ(食事など)
その他のコツ

朝食について

朝はできるだけ食べるようにして下さい。時間がない時はバナナ1本でも良いので何か口に入れましょう。というのは朝を抜いて昼食べると、どうしても食べる量が増えてしまって、胃が大きくなるからです。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、無駄な脂肪を落としたかったら3食を適量食べるほうが近道だと思います。大食いはダメです。

間食について

間食には二種類あると自分は考えています。

・ たくさん動いたり、頭を使ったりして甘いものを食べたくなった時
この場合は我慢せず、小さめのおにぎりや甘いものをちょこっと食べて身体の要求に応えましょう。寝る前ならともかく、日中に炭水化物を断ってしまうと労働や勉強に支障がでます。甘い物であってもよく噛むことを忘れないで下さい。よく噛めば、口の中にずっと甘さが続くのでそんなにたくさん食べる必要がなくなります。

・ そんなに動いてないし、疲れてもないけど少し小腹が減った時
この場合は炭水化物は不要です。ハムやウィンナーなどのタンパク質が良く含まれたものを軽くつまんでください。空腹が収まります。

夕食について

夕食は寝る3時間前に済ますのがベストです。3時間前が無理なら2時間前でもなんとか間に合う感じです。寝る前だけどお腹空いた~という時は、おかずだけ食べて、コメやイモ・麺・パンなどの炭水化物は二口三口程度にしましょう。

人は寝ている間に筋肉の痛んだ部分を修復します。その際に必要なのは肉や卵の白身・魚といったタンパク質です。日中はそれに加えて炭水化物が必要になります。

車に例えると、炭水化物がガソリン、タンパク質や脂質が車体、みたいな感じです。車は生き物ではないので夜ガソリンを満タンにしても朝もまだガソリンのままです。生き物である人間は、夜ガソリンを入れると身体に吸収されてしまって、朝にまたガソリンを入れないといけないんですね。そして吸収されたガソリン(=炭水化物)は体脂肪に変化して車体を重くしてしまう。

ガソリンは朝と昼間に必要な分だけ入れて夜は少なめにするよう心がけてください。

飲酒について

お酒は基本的には飲まないほうが良いです。特に脂肪を落としている間は。お酒そのもので太るというより、最後の〆でお茶漬けとかラーメンとか食べるじゃないですか。あれが太る一番の原因だと思います。

自分の場合は飲みたくなったらゼロカロリーの炭酸水を酎ハイ気分で飲んだり、ミニミニ缶ビールでしのいだりしてます。

どうしても飲みたい時、付き合いで飲まざるを得ない時は、つまみを焼き鳥とか枝豆みたいなタンパク質系のものにして、スナック菓子や雑炊などの炭水化物系は少なめにしましょう。

お酒もダイエットのために我慢しすぎるとストレスが溜まります。ダイエット開始と同時にいきなり禁酒するより、飲む回数や量を少しずつ減らしていく方向が良いです。

体重の計測について

ダイエットに挑戦している時、基本的に皆さん体重を計ると思います。自分も以前挑戦していた時は毎日計ってました。しかし今回は日々の計測をしなかったです。毎日計ると0.1kgの増減で気分が上がったり下がったりして神経質になるので…。

そのかわりにベルトの穴の位置が徐々に右に移動してるなぁ、とかジーパンがちょっと緩くなってきたなぁとかで痩せて行くのを感じていました。明らかに痩せたと感じた時に、どのくらい痩せたか確認の意味で月1くらいでは計りました。

ダイエット中は体重計に乗るより、鏡で体型を確認するほうが良いです。筋肉(+)を増やしつつ脂肪(-)を落とすので、±を考えるとすぐに体重がガクンとは落ちません。しかし体型は少しずつ変わって行きます。楽しく健康的にダイエットしたかったらとりあえず数字から一旦離れてみましょう。

次のページ 5:失敗談とその理由