ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
ロボットの声・その1
目次
電話
ラジオ
無線
拡声器
校内放送
魔物(小物)
魔物(魔王)
ロボット1
ロボット2
ロボット3
洞窟の中
お風呂
コンサート
天の声
声を高く・低く
速く・遅く
変身
異国の言葉
音の合成1
音の合成2
MP3書き出し
このページではAudacityに入っている「Vocader」というエフェクトを主に使っ て、声をロボット風に加工してみます。Vocoderはちょっと面倒なエフェクトなん ですが、いろんな面白い声になるので、ぜひ挑戦してみてください。

元音:




まず、トラックを何も選択していない状態で、「ジェネレーター」→「トーン」

トーンジェネレータが起動します。
波形:のこぎり派
周波数:240
でOKしてください。振幅はそのままでいいです。

できたトラックの長さを上に合わせてください。(余分な部分は削除する。短い場合は 継続時間を始めから長くする)
トラックが二つ出来ます。

そして今度は二つのトラックをくっつけてステレオにします。ステレオでないと「Vocader」エ フェクトが使えないからです。

上のトラックの下三角▼を押し、モノラル→チャンネルに。
下のトラックの下三角▼を押し、モノラル→チャンネルに。
最後に上のトラックの▼→「ステレオトラックの作成」



トラックが合体して、左右の音違う一つのステレオトラックになりました。
もしステレオトラックにし忘れてVocaderを掛けようとすると、左のようなメッセージが でます。

「エフェクト」→「Vocader」(一番下あたり)

Distance: 1
Output choice: both channels
Number of vocader bands: 240

他の値はそのままで構いません。



処理にちょっと時間が掛かるので待ちます。

二つの音が合成されてロボットっぽくなりました。
声の音の高さを変えたい場合はトーンジェネレータの周波数を 240から別の値にいじってみて下さい。

このままでも良いのですが、ほんの少し短いエコーを掛 けると味(?)が出る気がします。

「エフェクト」→「Delay

Delay level per echo: -9
Delay time: 0.12
Numer of echoes: 3
(他のところは初期値のままでいいです)



ちなみにトーンの部分にホワイトノイズ系の音

を用いるとこんな感じになります


Taira Komori All Rights Reserved. 2017 (旧:小森平の使い方)