ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
“素人的”効果音の作り方
いくつか音を聴けば分かると思いますが、自分は音作りに関しては素人です。木村 哲人さんの音を作る―TV・映画の音の秘密などの著作に目を通しているものの、サウンドスタジオ等で働いたこと は一度もありません。

なので今から述べることは参考程度にして、もっと良いやり方があればご自分で勉 強したり、挑戦してみたりしてください。

音を録音したり加工したりするのはとても面白いし楽しいです。録音するために自転 車でいろんな所に行くのも楽しいです。録って来た音を使いやすいように加工するの もやりがいがあります。そういった自分の『楽しさ』が音を通じて皆さんに伝われば、 本当に嬉しいです。


1 マイクとヘッドホン
自分はマイクを一応5つ持っています。ヘッドホンは3つありますが、効果音制作に使用しているのは1つだけです。

EDIROL R-09
主に使っているのはRolandのR-09というハンディマイクです。単三電池2個で動く優れもので、部 屋の中・街中・イベント・大自然と、ありとあらゆる場所で活躍してくれてます。このホームページの 音はこのマイクが支えていると言っても過言ではありません。5年以上使っていたら、耳の方がこの マイクの録音した音と同じ感じ方をするようになってきました。気のせいかもしれませんが、自分で もちょっと面白いというか、驚いています。
zoom H1n
サブ録音機として2018年に購入。上のR-09に勝るとも劣らない高品質な録音能力を持っていま す。左右のマイク部分が交差しているため、本体が小型化できているのが特徴的。単四電池2個 で動作。裏側にネジ穴が開いているので、専用のシューがあればビデオカメラの上にも取り付けら れます。
使った感じは、置いて環境音をゆっくり録音するのに向いているかなと。一方、手で持ち歩いて能 動的に使うには向いてないと感じました。本体が軽いので、マイク下部に少しでも触ると触った音 までガサゴソと録音されてしまうんです。R-09は少し重めで、本体用シリコンカバーもあるので手で 持って動きながら録音しても接触音は入りません。自作でカバーを貼り付けようかな…。
AT9904
audio-technicaのモノラルミニマイク。本来はネクタイなどにつけるピンマイクです。R-09に繋げて、 狭い隙間の音や、小さい音を大きく録ってます。太めのストローにこのマイクを入れて、そのストロ ーを口に加えたまま、口の中の“食べる音”を録音したりします。
ECM-HST1
ソニーのハンディカムにつけるマイクです。自分の父が合唱サークルに所属していて、年に一度そ の演奏会の撮影を頼まれるんです。その際、本体上部にくっ付けて使用してます。本体のマイクで は音が悪いのに加え、どうしてもカメラの操作音が入るので、これを使わざるを得ません。効果音 のページで配っている拍手の音などは、そういった動画から抜き出しています。このマイクにウィン ドスクリーンがついていたのですが、それがR-09のマイク部分にぴったりでした。儲けものでした。
AT9913
audio-technicaのモノラル・ガンマイク。これは指した方向の音を録ってくれるマイクです。少し離れ ている所で喋っている人の声を拾ったり、近づけない野鳥の鳴き声を録ったり、など。ただし使い過 ぎると、音の発信源に近づく“勇気”が減って臨場感のある音を逃してしまうので、あまり使ってない です。
Victor HP-RX900
『密閉型』で『重低音がよく聴こえる』ヘッドホンです。自分は家で音を作っているから、開放型だと 周囲の音が耳に入ってしまいます。音に集中するため密閉型を使っています。重低音がよく聴こえ るのは、電化製品の50Hz〜60Hzの作動音を聞き分ける(取り除く)際に便利です。:Notch Filterの ページを参照

ちなみに音楽や映画を楽しむ際は、開放型の YAMAHA HPH-200 や Panasonic RP-WF7H を使っ てます。

2-1 録音
マイクで録音する際は、基本できるだけ対象に近づいて録るようにしています。そのほうが臨場感のある 音が録れるし、周りの余計な音が入りづらくなるからです。
録りたい音にも拠りますが、録音する際のマイクの『位置・場所』っ て凄く大事な気がします。お祭りなどの音を録る時も、マイク片手に 会場内をうろうろしてベストポジションを探しています(まるで不審 者?)。

環境音を録る時は、位置に加え、季節や時間帯・天候などを気にし ます。

それと、“環境”と言えど、できるだけ音を単一素材として録るよう にしています。例えば、『夏の歩道』というお題の場合、人々の足 音・横をゆっくり通る車の音・街路樹で鳴くセミの声などがあると思 います。そういう状況を探してまとめて録るのではなく、足音・車・セ ミを別々に録って、あとで合成することにしてます。まとめて録音し てしまうと、その状況でしか使えないので、勝手が悪いんです。

防音スタジオなどが無い一個人の自分が、音を一番気持ち良く録れる時期は寒〜い冬だったりします。暖か い時期は虫や鳥の鳴き声が入りがちですし、大気音もなんだか活発です。冬は空気そのものが澄んでい て、環境ノイズが少ないと言うか、音が通りやすく録音しやすいんですよ。

2-2 PCで音作り
ゲームなどの電子音を作る場合は、マイクではなくPCソフトを使います。自分は今の所、あまりこの音を作 る気はないです。他の効果音サイトさんが結構これ系の音を配っているので、被るから。音を作る際は以 下の4つのフリーソフトを有難く使わせてもらってます。
sfxr(as3sfxr)
ファミコン風の8bitピコピコ音
MIDIで演奏が出来る。場面転換のメロディなど
波形から音を作る。単純な音
プラグインを追加することで、いろんな効果音が作れます
PCで作る場合は、上記のソフトからから素材音を作り、場合によって合成したり、さらにエフェクトを付けた りします。

3 加工


加工にはAudacityというフリーソフトを使っています。加工というのは例えば、

元音
加工後
・ 仏壇のチーンを引き伸ばして音程を下げ、お寺の鐘のゴーンにする
・ 普通の水の流れの高音を下げて音を篭らせ、響きを加え、洞窟の中の川の流れにする
・ まな板の上で一回野菜を切る音を連続させて、料理人っぽくする
・ 三匹のカラスの鳴き声 (1) (2) (3) を重ね合わせてカラスの大群にする
・ 雪を踏む音と風の音を合わせ、足踏みをゆっくりし、吹雪の中を必死で歩いているように
・ 日本語の朗読を逆再生し、外国語風にする

など、いろいろです。狙って作る場合もあれば、偶然面白い音が出来る場合もあります。興味のある方は声を加工して遊ぼう! Audacityのエフェクト解説のページをご覧ください。加工は本当に面白いです。マイクで良い音が録れるよう挑戦する、録音の面白 さが半分。加工で素材音を巧く料理する面白さが半分。その両方を合わせた面白さが自分の効果音作りのモチベーションになって います。

一方、日常の生活音や自然の音・環境音といった『生音』は、できるだけ加工しません。素材の良さを生かすと言うか、録音一発勝 負です。手を加えるとしても、せいぜいノイズを取るぐらいです。

説明は以上です。正直プロフェッショナルでやってらっしゃる方から見ると、自分なんか鼻で笑われるレベルだと思います。でも、レ ベルとか関係なく、『効果音作り』ってとっても楽しいんですよ。それに昔と違ってマイクにせよPCにせよ、個人で手に入るじゃないで すか。ソフトはフリーのを使えばいいし。何というか、こんなに面白いことをやらない手はないぜ!!!

Taira Komori All Rights Reserved. 制作・著作 小森平