ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
増幅とLeveller
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方

「増幅」と「レベラー(Leveller)」は音の力(音圧)を上げるエフェクトです。2つの違いは、
・「増幅」が音圧を上げるだけでなく下げることもできるのに対し、「レベラー」は上げるのみ。
・「増幅」が限界以上に音圧を上げようとすると音割れ(クリッピング)するのに対し、「レベラー」は出来るだけ音割れしないよう(増幅以上に)音圧を上げることができる、という点です。ケースバイケースで両方をうまく使って下さい。

増幅
秋の虫の音

この音の音圧を上げます。

増幅エフェクトを選ぶと自動的に音割れしない範囲での最大の上げ幅が表示されます。良ければそれでOKして下さい。

「新しい最大振幅」は変換後の音の上げ幅みたいなものです。0.0だとそれ以上、基本的には音圧の上がる余地はありません。
逆に音圧を下げたい時はスライダを左に動かして下さい。音が小さくなります。

8.3dB上げた音
クリッピング(音割れ)を可能にする、にチェックを入れた場合、音圧を非常に大きく上げることができます。もちろん音割れします。
(音量注意)


レベラー
注):2.3.0以降ではディストーションに統合されてます。Degree of levellingで0〜5段階の強度が決まられます。

レベラーは上の増幅の「限界以上に音を上げようとすると音割れする」という欠点をある程度克服しているエフェクトです。音圧を上げたいが、音の一部が大きいので上げられないという時に使います。例えば、
野菜を炒める音

「増幅」だと、赤丸で囲んであるところのようなプツッ!という音が入っているので、これ以上音圧を上げることができません。
レベル調整の度合は五段階あります。音に合わせて選択して下さい。
「右」というのはlight「軽く」をrightと間違えた翻訳ミスです。ほんの少しだけ音圧が増加します。

ノイズの閾値(いきち)というのは音圧を上げるときに一緒に増加するサーっというノイズをどのくらいカットするかという設定です。-70dBだとほとんどカットされますが、カットしすぎると音が歪みます。音を聴いて歪んでるなと感じた時は、この値を少なめにしてみて下さい。

音割れすることなく音圧が大きくなりました。

もしレベラーを使っても音割れする場合は、一旦増幅で-6dB程度下げてからレベラーを掛けて下さい。上手く音圧が上げられます。その後、再び増幅で0dBに修正して下さい。

Taira Komori All Rights Reserved. 制作・著作 小森平 2009-2019