ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
AudacityのMP3書き出し(変換)について
※Audacity2.3.3以降では何もしなくても
mp3書き出し・読み込みが出来るようになり
ました!
 確かめ方は「編集」→「環境設定」→「ライ
ブラリ」

LAME というプログラムが Buit-in(始めから
入っている)されていればOKです。
目次
インストール
MP3への変換
小技 その1
小技 その2
PC作業の基本
WAV・MP3・OGG





ただ、古いAudacityを使っている人向けにこのページは残しておきます。FFmpegは入れたほうが良いですし。
以下、古い情報

このページはAudacityのmp3書き出しがうまく行かないという人向けです。

Audacityでmp3やwmaなどを書き出すには追加のプログラムをPCにインストールする必要があります。そのやり方を説明します。プログラム配布ページが英語なので一瞬惑いますが、とても簡単です。

まずAudacity(2.0.6)は閉じた状態で、以下のページに行ってください。
http://lame.buanzo.org/#lamewindl

そして
Lame_v3.99.3_for_Windows.exe
とついでに
ffmpeg-win-2.2.2.exe
の二つのファイルを「右クリック」→「保存」で落としてください。(Mac用はさらに下にあります)



ファイルをダウンロードしたら、ダブルクリックして2つともPCにインストールしてください。し終わったらAudacityを起動してください。mp3やその他の形式への書き出しが出来るようになっている筈です。


(古いver.の画像ですみません)

Audacityを起動して「編集」→「設定」→「ライブラリ」でもダウンロードすることができます。

既に別経由で LAME や FFmpeg をインストールしている場合は「場所」でそれらのプログラム(.dll)を指定することも可能です。

FFmpegを入れておくと、左の形式に変換できます。M4A・AC3・WMAは知っている方も多いと思います。AMRは携帯の着信音向けの形式です。

あと、これを入れればAudacityで動画から音声が抜き出せます。動画ファイルをAudacity内にドラッグすれば勝手に抜き出してくれます。(全ての動画形式に対応している訳でないです)

音声ファイルの書き出しについて
「ファイル」→「書き出し」


「オプション」で圧縮程度が調節できます。
32〜320kbpsの範囲で変換。数値が多いほど高音質です。

MP3の音質は、192kbps前後で良いんじゃないかと個人的には思います。もちろん最高音質の320kbpsでも良いんですが、それだとファイルサイズも大きくなるのでMP3にする意味が余りない気が…。

逆に192kbps以下だと、音がだんだん劣化していくのが耳で判るようになります。

ファイルサイズを絞りたいけど、音質はできるだけ落としたくない場合は「可変」(VBR)を選ぶと良いです。320kbpsで書き出す場合は「一定」(CBR)で構いません。
歌や音楽のような中心の音(ボーカルなど)がある場合はジョイントステレオで。左右の音が全く違う場合はステレオで。

Taira Komori All Rights Reserved. 制作・著作 小森平