ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
PC作業の基本
このページはPCにそんなに詳しくない人向けです。もしくは再生・録音でトラブった場合にご一読下さい。

拡張子の表示
WindowsのPCを手に入れたら、何よりまず拡張子を表示さ せましょう。

拡張子というのはファイルの後ろにつく「英数字3文字」(例 えば.mp3とか)のことです。この拡張子で、そのファイルが 画像・音声・映像・文書・その他かどうか見分けることが出 来ます。(たまに2文字や4文字もあります。)

表示させるには、スタート→コントロールパネル→デスクト ップのカスタマイズ→「フォルダーオプション」
(何でも良いのでフォルダを開いて、整理→「フォルダーと 検索のオプション」でもOK)
「表示」タブで「登録されている拡張子は表示し ない」のチェックを外してください。これで表示さ れます。

拡張子の表示というのはPCで何か創る際の、 基本中の基本です。必ず表示させておきましょ う。

音声:.mp3 .wav .ogg .wma など

画像:.jpg .png .bmp .gif  など

動画:.mpg (.mpeg) .mp4 .flv .avi .wmv など

文書:.txt .pdf .doc (.docx) .xls (.xlsx) など

圧縮:.zip .lzh .rar .7z など

その他
.aup :Audacityのプロジェクトファイル・作業ファ イル
.dll:異なるソフトで同じように使える共有プログ ラム

各ソフトの作業ファイル(保存)は、それぞれ固 有の拡張子を持っています。拡張子は無数に あります。

目次
インストール
MP3への変換
小技 その1
小技 その2
PC作業の基本
WAV・MP3・OGG
Windows7の再生・録音設定
Windows7になって、オーディオインターフェースなどの機器を繋いだ時の再生・録音設定が少し複雑になりました。で すので解説してみます。(PCに元々ついている再生・録音機能を使う場合は、この項目は関係ありません)

まず、マニュアルに従ってドライバを入れ、機器をUSBで繋いだら、デスクトップ右下のスピーカーアイコンを右クリッ クします。(機器を繋いだら、自動的にドライバがインストールされるものもあります。)
まず、「再生デバイス」を開きましょうか。
これは今の自分(小森)のPCの状態です。Creative SB X-Fi という 機器が「既定の(再生)デバイス」になっています。これを先ほど取り 付けたUAB-80 という機器に変更してみます。

UAB-80 の所をクリックし、「既定値に設定」→OK
(当然ですがCreative SB X-Fi もUAB-80 もただの例えです。自分の PCと置き換えて考えてください)


この時点で新しく取り付けた機器が表示されてない場合は、PCが取 り付けた機器を認識してないということです。ドライバが正しいものか 確かめたり、USBの差込口を変えたりしてください。なお、オーディオ インターフェースはUSBハブには繋がず、PCに直付けして下さい。


ジャックにプラグを差し込まないと「準備完了」にならない場合があり ます。アイコンはあるが、色が灰色の場合はスピーカー(ヘッドフォ ン)のプラグを差し込んでください。
これでUAB-80 に繋いだスピーカーから音が出るようになります。
「録音」の方も同じく既定のデバイスを変更してください。
再生に関しては、スピーカーやヘッドフォンを繋いで何か音楽でも流せ ば、音が聴こえるかどうか分かると思います。

録音に関しては、いきなりAudacityを使うのではなく、初めはWindows標 準のサウンドレコーダーを使って下さい。スタート→すべてのプログラム →アクセサリ→「サウンド レコーダー」

サウンドレコーダーでちゃんと録音できたら、Audacityを起動しましょう。



再生した音が何か変だな?と感じたら、既定のデバイスのプロパティ を開いてみて下さい。「音の明瞭化」タブで何らかのエフェクトが掛か っていたら外してみるのも手です。(この辺は自分の耳のお好みで)

録音した音が変な場合も、プロパティで設定を確認すると解決できる ことがあります。
例えば、マイクブーストが掛かっていたり、(入力)レベルの値が高す ぎたりすると、録音した音声にブーンというマイクノイズが入ったり、 音割れしたりします。

Audacityの録音が上手く行かない場合、自分の経験ではAudacity側 ではなくWindows側の設定にズレがあることが多いです。問題が起き た時は、上記のことを再確認して下さい。


少し話が逸れますが、skypeなどと他のソフトを併用している時に、突 然他ソフト側の音が小さくなって困る時は、「通信」タブで「何もしな い」を選んでください。Vista以降?に新しく付いた機能みたいです。


その他、音が急におかしくなった時
スピーカーやヘッドフォンのコードを延長している場合は、コードを疑 ってみるのも手です。自分は以前、100円ショップで買ったコードを使 っていたことがあるのですが、ある日、急に低音がでなくなって焦りま した。コードは高価でなくても良いので、普通のメーカー品を使いまし ょう。

Audacityでの再生・録音
ここまで来ればAudacityでの再生・録音設定は簡単です。Windowsで「既定のデバイス」に設定したものと同じ機器を、Audacity側で指 定するだけです。ちなみに、機器を繋ぐ時にはAudacityは閉じてください。開いたままで繋ぐと、正しく認識されません。繋いだ後に Audacityを起動してください。

これはミキサーツールバーです。左が再生ボリューム、右が入力ボリューム。

再生ボリュームはAudacity上で音を再生する際のボリュームです。Windows全体のボリュームや書き出した音のボリュームとは関係あ りません
入力ボリュームは、その名の通り録音する際の音の大きさです。入力ボリュームが大きいと、小さい音でも大きく録音することができま す。(ただしノイズも入りやすくなります。)

Meter Toolbar  
これはメーターツールバー。再生や録音の音の大きさを監視しています。右端を振り切って赤い線が出たら「音割れしている」という意 味です。録音の際は入力ボリューム(↑のミキサーツールバー)の目安にして下さい。音割れするよりも少し下げるくらいがちょうど良い 値です。
入力ボリュームが最少なのに録音する音が大きすぎる場合は、Windowsの録音レベルを下げる必要があります。

Taira Komori All Rights Reserved. 制作・著作 小森平