ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
MP3 書き出し
トップ
ツールバー:
コントロール
ツールバー
ミキサーツールバー
編集ツールバー
メータツールバー
 
メニューバー:
トラックポップダウン
ファイル
編集
ビュー
プロジェクトファイル
製作
効果
解析 ヘルプ
 
トラック:
オーディオ
ラベル
タイム MIDI
 
その他:
Audacityの設定1
Audacityの設定2
音声ファイル形式
エンベロープ編集
MP3書き出し
公式ライセンス
訳注)MP3書き出しについてはこちらでも解説しています。
Audacity cannot encode MP3 files by itself, because the MP3 encoding algorithm is patented and  cannot legally be used in free programs. However, Audacity has been programmed to recognize other  existing MP3 encoders that you can download separately. All you have to do is obtain the appropriate  MP3 encoder for your computer and then show Audacity where it is located.
If you use... You need to...
Windows Download LAME and look for the file called lame_enc.dll
Linux/Unix Download LAME and compile it as a shared object, then look for the file called libmp3lame.so
Macintosh Download LAMELib (see our website for more info).
For links to these MP3 encoders, go to the Audacity web page (http://audacity.sourceforge.net/) and  go to the page for your operating system.
 The first time you try to export an MP3 file, Audacity will ask you to locate your MP3 encoder.  Locate the file indicated above. From then on, Audacity will not need to ask you again and you will be  able to export MP3 files easily.