ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
Delay
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方

Delay(ディレイ:遅らせる、 延ばす、という意味)は音に エコーを掛ける効果です。

Audacityにはその名の通り エコーという同じようなエフ ェクトがありますが、設定が 古臭いので、こちらのDelay を使ったほうが良いです。


Delay type というのは音が遅れる間隔の種類を選べます。


regular は普通に等間隔でエコーします。

bouncing ball はボールが跳ねるように、つまり始めはゆっくりで後はどんどん速くなります。

reverse bouncing ball は上の逆で、始めが早く後がゆっくりになります。

Delay level per echo (dB) というのは、エコーするにつれ減っていく音の量の割合のことです。-30dB〜1dBまで選択できま す。dB(デシベル)は-6dBだと1/2、-12dBだと1/4なので、
-6.0dB

音が1/2づつ減ってゆく
-12.0dB

音が1/4づつ減ってゆく
1.0dB(音量注意)

+1なので増えてます。
0だと同じ大きさの音が鳴り続けます。


Delay time (seconds)というのは、エコーする間隔の時間(秒)のことです。元音の長さに合わせて調整して下さい。
このサンプル音の元音の長さが約0.7秒なのに対し、
間隔を狭くする場合
0.30
間隔を広げる場合
0.80


Pitch change effect と Pitch change per echo (semitones)
Pitch change とはピッチ(音程)を変える、つまりエコーしながら音を上下させる設定です。

元音
Pitch/Tempo
(音質そのまま)
LQ Pitch Shift
(音質が低下してゆく)
ちょっと遊び
ピッチを上げる
(スライダーを右に)
ピッチを下げる
(スライダーを左に)

・LQ(=Low Quality) Pitch Shift は、わざと音を汚して面白くする効果を狙っています。
・semitones は「半音」と言う意味です。1.00で半音、2.00で全音。半音と全音については↓。ピアノの鍵盤で考えるとすぐわかりま す。http://www.kyoto-be.ne.jp/n-center/onepoint/ongaku/hannonn/hannonn.html

Number of echos はエコーする回数です。スライダでは30回までですが、入力すれば50回までエコーさせられます。

Allow duration to change は音が延びるのを許すか、という設定です。Noだとエコーを掛けても音の長さが元音のままになり ます。

・・・・・・・
このDelayというエフェクトの設定を工夫すれば、ライトサーバー風のヴゥオン!という音が作れます。作り方はこちら

Taira Komori All Rights Reserved. 2017 (旧:小森平の使い方)