ホーム
利用規約
国内効果音
SFXR
Audacity
基本操作
声の加工
OGGループ
ブログ
無料効果音
海外効果音
音の作り方
エフェクト解説
VST導入
ノイズ除去
ヘルプ翻訳
Amazon
オートドック
目次
Leveller
Paulstretch
イコライゼーション1
その2 その3
エコー
オートドック
クリックノイズの除去
コンプレッサー
スピードの変更
テンポの変更
ノイズの除去
バスとトレブル
ピッチの変更
フェーザー
フェードアウト&イン
リバーブ
リピート
ワウワウ(Wahwah)
修復
前後を反転
増幅
時間軸のスライド
/ピッチの変更
正規化
無音を短縮
Adjustable Fade
Clip Fix
Crossfade Tracks
Delay
Hard Limiter
High Pass Filter
Low Pass Filter
Notch Filter
Studio Fade Out
Tremolo
無音部分の作り方



オートドックは例えばBGM・ナレーションという2つのトラックがあった時、ナレーション再生時に自動的にBGMの音量を下げてくれるエフェクトです。
BGM
ナレーション
オートドック



まずBGMとナレーションの2つのトラックを用意します。ナレーションを必ず下に配置して下さい。
次に、必要であるならタイムシフトツール  を使ってナレーションのトラックを望むところに移動します。
移動が終わったら選択ツール  に戻して下さい。


そして上のBGMのトラックを選択してエフェクト→オートドック

ドック量:
これはBGM側の音を下げる割合です。
-12dB 
-24dB 
外側の〜・内側の〜:
「外側」というのはナレーションが始まる前もしくは終わった後のフェードのこと。内側というのはナレーションと重なる形でフェードすることです。

外側2秒づつ・内側0秒ずつ
外側0秒づつ・内側2秒ずつ
外側1秒づつ・内側1秒ずつ

お好きなように設定して下さい。ちなみにグラフをマウスのドラッグで動かすことが出来ます。



ドック量:-24dB
最大休止:0.1秒
外ダウン:0.3秒
外アップ:0.3秒
内ダウン:0.3秒
内アップ:0.3秒
閾値:-10dB
閾値:
閾値(いきち・しきいち)はナレーション側の設定です。ナレーションと言っても、ずっとしゃべり続けている訳ではなく、あいだに一呼吸や沈黙という“間”があります。その“間”、つまり音がほとんどない部分をナレーションに含めるか否かをこの閾値で判別します。

分かりやすくするためBGM部分を単調な音にしました。

赤い部分が音があるにも関わらず、閾値が高いため、無音と判断されてしまっています。
これを閾値:-30dB だと下のように全て音がある、と判断されます。

サンプルのナレーションの音が6秒程度しかないので、フェードダウン・アップの長さを0.3秒とわざと短くしています。ナレーションが長い場合はこんなに短くする必要はないです。


最大休止
これは最低でもその長さの秒だけ、BGM側の音を下げるという設定です。例えば上のように閾値が-10dBでも、最大休止がナレーションの長さと同じ6秒だったら、その間はずっとBGMの音が小さくなります。

説明のためいろいろ数値をいじりましたが、難しいことをしないのであればデフォルトの閾値:-30dB・最大休止:1秒でそんなに不都合は生じないと思います。

ナレーション側のトラックは1つだけしか駄目ですが、BGM側のトラックは複数可です。その場合は一番下にナレーションを置いた状態でBGMを複数選択し、エフェクトでオートドックを選んで下さい。


Taira Komori All Rights Reserved. 制作・著作 小森平 2009-2019